更年期サプリの大豆イソフラボンでエストロゲンの減少を対策

女性が多かれ少なかれ悩まされる更年期。できることなら辛い思いをせずに切り抜けたいものです。

 

そんな想いに応えるかのように世の中には更年期対策のさまざま商品が発売されています。果たしてそれはどのような根拠から更年期に対して効果があると言われているのでしょうか?

 

今回は更年期に効果的だと言われる大豆イソフラボンについて、更年期のしくみと大豆イソフラボンの関係、そして大豆イソフラボンのサプリメントについてご紹介したいと思います。

 

女性特有の悩み、更年期障害

 

 

更年期障害とはそもそもどんなものなのでしょうか?なんとなく年を取っておこる症状という認識はあるかもしれませんが、具体的になぜこのようなことが起こるのかを理解することも大切です。

 

更年期とは閉経前後の期間のことを指します。これは人によって差異はあるもののおよそ50歳前後にあたることが多いと言われています。更年期障害は更年期の間に起こる様々な不調を指して使われる言葉です。

 

具体的にはだるさを感じたり、イライラしたり、突然の発汗やめまいなど、なんとなく自律神経のバランスが崩れた時に起こるような症状に悩まされる事が多いです。

 

若年性更年期障害

 

最近では50代前後の方でなくとも、30代や40代で更年期障害の症状を感じる人も増えています。これらは若年性更年期障害と呼ばれています。日々の生活によって蓄積されたストレスや過度なダイエットなどにより女性ホルモンの分泌が分安定になることで更年期と同じような状態になることが原因です。

 

このような症状に悩まされる方は更年期にも強い更年期障害を感じるケースも多く、若年性更年期障害の方は早い内から対策をしておくことも大切になります。

 

 

更年期障害はあるホルモンの分泌と密接に関わっていることが分かっています。そのホルモンとはどんなものなのでしょうか?

 

更年期障害はエストロゲンの減少が原因

 

 

更年期障害を引き起こすホルモンはエストロゲンと呼ばれるホルモンです。このホルモンは早くは10歳前後から卵巣で分泌が始まります。その後30代くらいまで分泌され続けたのちに徐々に分泌量が低下していきます。

 

急激にホルモンが低下することでいままで保たれていた状態が崩れ、不調が生じるというのが更年期障害の仕組みです。

 

エストロゲンは本来脳で分泌命令を出して卵巣で分泌されますが、卵巣が衰退するにしたがって分泌が少なくなります。すると脳はまだ分泌されていないと考えてもっと分泌しろと命令を出しますが、それでもやはり分泌はされません。

 

うまく命令が遂行できないと感じた脳はリズムを崩してしまい、この時にホルモンの分泌を促している部分が自律神経のコントロールもしている部分なので、ホルモンの分泌がうまくいかないことで自律神経も一緒に混乱し、身体のさまざまな部分で不調が生じてしまうのです。

 

そんなエストロゲンの減少は加齢が原因なので、どうすることもできません。しかしエストロゲンの低下に伴って体調が悪化するのは結果的には自律神経の乱れと関係があるため、ストレスや生活習慣が更年期障害をより強烈なものにしてしまうおそれもあります。

 

従って更年期障害対策としてまず行えるのは、なるべくストレスを溜めない生活をおくることです。特に更年期前後というのは生活そのものが大きく変化していく時期でもあります。お子さんがいれば成長して場合によっては巣立っていく時期でしょうし、仕事をしている人ひと段落ついてくる頃合いです。自身の親御さんの健康にもさまざまな問題を抱え始める時期かもしれせん。

 

このような生活の変化になるべくスムーズに対処できるようにあらかじめ心の準備をしておくことも大切です。

 

大豆イソフラボンはエストロゲンの代わりを果たす?

 

ここでひとつ大きな味方となってくれる可能性があるのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で健康に対して魅力的な効果を持つ成分として注目されているものです。

 

この大豆イソフラボン、実は更年期障害の原因となるエストロゲンと非常によく似た化学構造を持つことでも有名なのです。そのためエストロゲンの不足に際してエストロゲンと似た働きをするだけでなく、エストロゲンが過剰に分泌されてしまって不調が起きている時には量をおさえる役割も果たしてくれると言うのです。

 

つまり更年期障害の時に積極的に大豆イソフラボンを摂取すれば、不調を和らげる効果も期待できると言うことです。実際に大豆イソフラボンを摂取することで症状が緩和したという研究報告もあります。

 

もし更年期障害に悩んでいるようであれば大豆イソフラボンを積極的に摂取しましょう。

 

大豆イソフラボンが含まれる食材

 

 

大豆イソフラボンはその名の通り大豆に多く含まれている成分です。そのため大豆そのものをはじめ、加工食品に多く含まれています。

 

中でも多く含まれているのが納豆や豆乳です。次いで豆腐も豊富な大豆イソフラボンを含んでいます。

 

大豆イソフラボンは更年期障害だけでなく美肌を作るのにも役立つ美容成分でもあります。また納豆などはナットウキナーゼを豊富に含んで血液をサラサラにしたり、腸内環境を整えたりと生活習慣病対策にも優れたパワーを発揮するため、更年期前後には特に意識的に食べたい食材でもあります。

 

ぜひ積極的に食事に取り入れる様に意識してみてください。

 

「キッコーマン 基本のサプリ」で大豆イソフラボンを補おう

 

 

もしも大豆イソフラボンを食事からとるのが難しい場合はサプリメントを利用するのも一つの手段です。キッコーマンから発売されている「基本のサプリ」は女性のライフサイクルでおこる不調を整えることを目的として作られたサプリメントです。

 

ここで紹介した大豆イソフラボンはもちろんのこと、加齢とともにおこるさまざまな不調から身体を守って肌質をよくしてくれるぶどう由来のポリフェノール、カルシウムの吸収効率を高めてくれるビタミンD3、傷みやすくなかなか体内に摂取されていない葉酸など、女性にとっては嬉しい成分がたくさん含有されています。

 

家事や仕事にどうも身が入らない、すぐに横になってしまいがち、なんとなく具合が悪いなと思うことがあり、更年期障害かも・・・と感じる方はぜひ使用してみてほしいサプリメントです。

 

更年期とはいえど人生はまだまだこれから。せっかくある意味で一番自由に新しいことにチャレンジできる年代をモヤモヤした状態で過ごすのはもったいないですし、そんな生活自体がストレスになって更年期障害を悪化させてしまうおそれも・・・。

 

サプリメントの力を借りてでもイキイキとした生活をおくれるようにしてみませんか?

 

更年期障害はサプリメントで解決

 

いかがでしたでしょうか?更年期障害に悩まされている方がいたらぜひとも大豆イソフラボンがしっかりと摂取できるサプリメント、もしくは大豆製品をたくさん食べることで対策してみてください。

 

更年期は味方を変えればこれからもう一華咲かせられ出来る時期です。そんな時期を大切にするためにも日頃のケアや対策をしっかり行ってセカンドライフを愉しむ準備をしましょう。